どうも、hiroyukiです。

 

前回は、ワインド釣法について解説させてもらいました。
⇒【徹底解説】絶対タチウオを釣りたい人のワインド釣法! 悪用厳禁!

 

今回は前回の続きということで、

ワインドでは捕りきれない活性が落ち着いたタチウオに抜群の効果を発揮する

引き釣りについて語っていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ドジョウの引き釣り仕掛け

毎度のクオリティですが、仕掛け図はこれを参考にしてください。

 

イラスト得意な人いないですか? 笑

・・・では、各タックルについて詳しく見ていきましょう!

必要な道具はコチラ!

ロッド

特にこれじゃないとダメってことはないので、M程度の硬さがあればOK。

ただし、ティップ(穂先)が少し入るぐらいの竿調子がアクション、合わせ共に操作しやすいです。

 

エギング、ワインド、シーバス用など、お手持ちのロッドで挑戦してみてください。

(ちなみに僕は8.1ftのワインドロッド、Mクラスを使っています)

 

注意点として、あまり柔らかいロッドだと指4本クラスのデカタチがヒットしたとき、抜き上げの際に苦戦しますし、引き釣りの機敏なアクションができないので、なるべくパワーがあって収束が早めのロッドがオススメです。

 

またデカタチを抜き上げる事を考えると、軽さを重視した細身のエギングロッドは破損に繋がる可能性もあるので、くれぐれも無理はしない様にしてください。

 

もし心配なら、全体的にパワーのあるロッドか、専用ロッドをチョイスすると良いと思います。

 

※ジャストエースさんから【ショアフラッパー852】という引き釣り専用のロッドが発売されています。

ジャストエース ショアフラッパー852KM(メーカーページに飛びます)

リール

スピニングリールの3000番クラス。

 

メーカーによって表記番手が違うので、

シマノ=3000番

ダイワ=2500番でOK!

 

エギング用のシャロースプール等でも大丈夫ですが、できれば150m程度巻ける中~深溝スプールがベスト。

メタルジグなども投げれますし、古いラインを上下巻き替えして長期的に使用できるので経済的です。

 

何メートル巻けるか、どこで確認すんねん?!

 

って人は、リールのスプールに何号のラインが何メートル巻けるか記載されているので確認してみてください。

この画像の場合は、PE1.2号を150m巻けることになりますね。

 

 

ちなみに、一晩で50匹以上も釣り上げる武庫川一文字の名手には、4000番HG(ハイギア)を使うガチ勢もいるようです。

その理由は、“フッキングから回収までの手返しの良さ”とのこと・・・笑

 

僕はシマノC3000(ノーマル:ハンドル1回転 77cm)を使用しています。

ライン

PEラインの0.8号~1.0号

あまりに安価なものは、ラインブレイクなどのトラブルの元になるので使用しない方が吉。

 

僕はこだわり過ぎた結果、【よつあみ ガリスウルトラWX8 GESO-X】で落ち着きました。

このGesoXは、めっちゃ丈夫な上にストレスなくブッ飛んでいき、8本撚りで糸鳴りもしない。

ここ2年くらい使っていますが、トラブル皆無ですね。

 

 ↑こちらは0.8号。

 

 

↑こちらは1.0号。

 

 

なるべく良いラインが欲しい人には超絶オススメ。

 

 

僕は上記のPEライン0.8号と1.0号をタチウオの活性に合わせて使い分けています。

 

例えば、

●活性が高いときは、PE0.8号+フロロカーボン8号(これがメイン)

●活性が低い時は、PE1.0号+ナイロンリーダー14号(低活性時)

(さらにゆっくり沈ませるには、PEライン1.2号でイイかも知れません)

 

ちょっとした事ですが、タチウオの反応が渋い時ほど有効です。

ぜひ使い分けてみてください。

リーダー

先述した通り、リーダーはフロロカーボンとナイロンリーダーの2種類。

リーダー長は80cm程度。

 

まずフロロカーボンリーダー、号数は8号(比重:1.78)を使用します。

このサイズを使う理由は、ある程度の浮力が欲しいのと耐久性ですね。

 

浮力については、PEラインでも同じ事が言えますが同じ比重でも「太くなるほど」水の抵抗を受けるので、沈みにくくなります。

逆に細いラインほど風や潮の影響を受けにくい、とも言えます。

 

引き釣りでは、中層~表層を攻める事が大半なので、沈みにくい方がバイトに繋がると考えています。

 

 

耐久性については、ご存知の通りタチウオの歯は非常に鋭いので、噛み切られないように8号を使用してます。

さすがにモロに噛みつかれると太いラインでも切られるでしょうが、少し当たったくらいなら何とか持ちこたえてくれます。笑

 

フロロカーボンリーダーにタチウオの歯が当たったキズ跡

 

引き釣りは、常にラインを張った状態をキープする(ワインドのように糸フケを出さない)のでガッツリ噛み切られる心配はないですが、上記の画像のようなキズが増えてきたら結び直すようにしてください。

 

でも心配だから、もっと太いリーダーにしようかな?

という声が聞こえてきそうですが、太すぎるとテンヤに結びづらいので、8号ぐらいが強度+結び易さの面でベストかなと思います。

 

 

もうひとつのナイロンリーダー。

タチウオの活性が低い時は、ゆっくりとテンヤを落とした方がバイトが多くなるので浮力が高いナイロンリーダーの14号(比重:1.14)を使用しています。

 

ナイロンリーダーは柔らかく伸びるので、フロロカーボンリーダーと比べると感度は落ちますが、タチウオさんの活性が低いときに活躍してくれます。

 

フロロカーボンリーダーとナイロンリーダーの2本を状況によって使い分けしてみてください。

 

 

「どうしても噛み切られるぞ」という人はリーダーの先にワイヤーをどうぞ。

こちらは、オンスタックル製のサーベルワイヤーで75mmと100mmのラインナップがあります。

以前、安価なワイヤーだと噛み切られた事がありましたが、このワイヤーは耐久性が抜群なのでオススメです。

 

出典:oz-tackle

 

hiroyukihiroyuki

ワイヤーはどうも食いが悪くなるので、極力つけない派です。

テンヤ

現在、ダイワ、ヨーズリ、ヤマシタなど各メーカーから様々なテンヤが発売されています。

 

中でも僕のオススメがオンスタックルのフラップヘッド。

サイズは3/8oz(10.5g)~1/2oz(14g)の2種類のラインナップがあります。

このフラップヘッドは、武庫川一文字の引き釣り名手の意見を聞きながら作り上げたテンヤでございます。

 

ヘッド下部にガン玉を取り付けるられるようになっており、

●強風下

●潮が早くて流される

●もっと飛距離が欲しい

とった状況にもフレキシブルに対応できるので、非常に心強いです。

 

こんな感じで、最大6B(2g)のガン玉を2つ取り付け可能。

フラップヘッドが1/2oz=14gなので、6B×2=約18gになりますね。

 

ガン玉には様々なサイズがあるので、細かい沈下速度の調整ができます。

 

 

さらに、フックには少し角度がついてあり、ハリ掛かりが抜群なんですね。

OZ製品は、とにかく現場主義(魚に答えを聞く)で作られているので研究し尽くされています。

 

 

hiroyukihiroyuki

期待を裏切らないオンスタックル製品は最高やでぃ

 

(回し者ではありませんw)

 

 

ちなみに、フラップヘッドにはワーム専用タイプリリースされているので、購入の際は気をつけてください。

上がワーム専用設計のフラップヘッドで、

下がワームとエサの両方を使用できるフラップヘッドです。

(今回はドジョウを取り付けるので初代フラップヘッドを使用)

 

↑こちらは3/8oz(11g)

 

↑こちらは1/2oz(14g)

 

この2種類の使い分けとしては、

夕マヅメ時に1/2oz(14g)から投げて中層を探り、活性がMAXになってアタリ棚が表層になれば3/8(11g)に替える、といった感じですね。

ケミホタル

ケミホタルは25、50を2種類を用意します。

テンヤホタルには、テンヤホルダーとケミ25がそれぞれ3セット付属

 

 

ダブルケミ効果でタチウオが迷惑するぐらいアピールできてるはず。

 

 

ケミ25はテンヤホタルという樹脂パーツをフラップヘッドの腹部にセットします。

タチウオの習性を考えると、最初にベイト(小魚)の腹部に噛み付くので、ケミを取り付ける位置としては腹部がベストかと。

 

ただ、フラップヘッドにそのままテンヤホタルを取り付けようとすると、

カバカバでセットできません。

 

そこで、hiroyukiさん伝家の宝刀である接着剤クンの登場です。

コニシ ウルトラ多用途SU

 

テンヤホタルを取り付けたい所に、ボンドを塗布して一日放置するだけ。

このボンドは本当に万能選手なので1本持っておくと色々捗ります。

 

 

ケミ50はリーダーの中間部に取り付けます。

(ワイヤーリーダーを使用するなら、その中間部)

 

透明チューブがセットで入っているので、短くカットしたチューブをリーダーに通して、ケミ50を挟み込むだけです。

取付後はこんな感じ。

 

 

※ちなみに、今回ご紹介したケミホタルは2個(ケミ50と25)取り付ける様になっていますが、ケミ25は補助的に取り付けているだけなので必ず装着する必要はありません。

ただし、ケミ50は集魚力が抜群なので取り付けることをオススメします。

エサに使うドジョウ

釣具屋に一匹100円くらいで販売されてます。

仮に余っても冷凍保存できるので、3~6匹程度買っておくと良いですね!

もし釣行までに余裕があるなら、冷凍→解凍してからの方がテンヤにセットしやすいです。

というのは生きたままギロチンすると、めっちゃヌルヌル、ウッネウネして取り付けにくいんですよね。

 

が、

 

どうしてもドジョウを買ってきた当日に引き釣り行きたい!

けど・・・ドジョウが暴れてセットしにくい!!

 

そんな鬼畜な人は、塩を多めに振りかけてみてください。

1分以内に意気消沈し、ヌメリも多少マシになってセットしやすくなります。

(豪快に暴れまわりますが、そこは無心になりましょう)

 

 

セットする際は、シッポは3~4cmほど出すように調整。

これがパタパタ動いてタチウオさんに、

僕はここにいるよ!とアピールするワケですね。

 

・・・まあ、ドジョウからしたら良い迷惑なんですが。

 

取り付けはドジョウの頭部をカットして、テンヤに真っ直ぐセットし、銅線でグルグル巻きにするだけ。

銅線の長さは80~90cmあれば十分でしょう。

(余った分は先端のハリ軸に巻き付けておけばOK)

 

できれば、3セットくらい持っておくと時合を逃すことなく、乱獲安心です。

 

(銅線は別売り。釣具屋で売ってます)

魚バサミ、プライヤー

テンヤに掛かったタチウオを安全に取り外す為に使用します。

タチさんの歯は非常に鋭いので、誤って指が触れるとスパっと切られるので注意してください。

僕が使用しているのは、
●魚バサミ  【第一精工 ワニグリップ】
●プライヤー 【ラパラ アルミニウムプライヤー】です。

 

 

クーラーボックス or 保冷バッグ

僕がメインで使用している保冷バッグで、イカ釣りを始めた時からずっと使っています。

現在、このバッグに20匹以上詰め込んでいるので、さすがに限界を感じています。笑

(安価ですが保冷力は期待できないので、時合の短時間用と考えてください)

 

もしクーラーボックスを購入するなら、最低でも12L。

タチウオのサイズ的に余裕を持って20L前後のクーラーボックスでも良いと思います。

あれば便利なモノ

フェイスタオル、ゴミ袋

魚を触った手を拭く為のフェイスタオルやゴミ袋。

できればタチウオを袋に入れてからクーラーボックスに入れた方が、匂いや汚れが付きくくなります。

銅線

テンヤに巻きつける銅線も何度も使用する内に金属疲労で折れるので予備で持っておくと良いと思います。

ガン玉BOX

オンスタックルのフラップヘッドに限りますが、いくつかガン玉を用意しておくと、大抵の状況に対応できます。

ドジョウを使うメリット

では、なぜドジョウが良いのか? を解説したいと思います。

よく釣れる

タチウオさんはグルメっ子なので、当然ドジョウにも反応します。

 

ワームよりも本物のエサ特有の匂いを放つからなのか、

その真相は謎のベールに包まれていますが、めっちゃ食ってきます。

身持ちが抜群に良い、安い

タチウオ釣りは時合内にどれだけ手返しの良さを追求できるかが、数釣りに繋がってきます。

ドジョウ一匹でタチウオを10匹ぐらい狙えるので非常に身持ちが良いんですね。

ワインドでタチウオを10匹釣ろうと思えば、ワーム1本では厳しいですから。

 

ドジョウ1匹で10匹以上のタチウオに襲われた図

 

さらに1匹100円くらいで販売されており、リーズナブルな点も良いです。

使わなかった分は、再利用できる

その日に使わなかった分は冷凍保存して、次の釣行時に解凍すればOK。

フラップヘッドに付けたまま冷蔵、解凍しても普通に使えますよ。

釣行のタイミング

さて、いつ釣行すれば良いのかと言うと、

ワインドと同じく ”まずめ時” で間違いないですね。

日が落ちて真っ暗になっても釣れますが、まずめ時が一番食いが立つタイミングです。

 

 

ただ、秋のハイシーズンになると一気に釣り人が増えるので少し早めに行かれることをオススメします。

 

まだ明るい時間帯に到着したら、沖の深場を狙う為に20g~30gのメタルジグを投げて探ってみると良いですね。

これで5匹くらいゲットできたりもします。

 

 

 

あと、風向きにも注意が必要です。

横風だとテンヤの動きに支障が出るのと、小さなアタリが取れません。

(基本、追い風になるような釣り場を選択してください)

 

釣行前に下記のアプリで風向きを確認しておきましょう。

PCとスマホ、どちらからでもリアルタイムで風向きを見ることが可能です。

Windy

 

タナの取り方

タチウオに限らず、魚を釣る上で重要なのがタナ(魚のいる層)の調整です。

どれだけ良いタイミングであっても、タナを間違うと絶対に釣れません。

 

ポイントとしては、

●釣り場に着いて1投目は水深を測る。

●テンヤが何秒で着底するかカウントする。

●仮に10秒なら半分の5秒は中層。

●表層から1秒刻みで徐々にタナを下げて、ヒットするタナを探していく。

 

自分が今どのタナを引いてきているのかイメージすることが超大事です。

いまいち分からない時は、昼間に見やすい所(海水が澄んでる所)で表層を引いて練習してみてください。

 

夜間で確認したい場合は、表層を引いてきてケミホタルが上がりも下がりもしないのであれば、

きちんと同じタナを引けてることになります。

 

ケミホタルが見えない沖とか中層はどうするんや?

という声が聞こえてきそうです。

 

そういうときは、着水~中層までカウント(5秒)してテンヤを動かすとしますよね?

で、

同じタナを引いてるイメージをしつつ、その状態で一気に海底まで落としてみてください。

5秒で着底すればキチンと中層を引けていたことになります。

 

もし、8秒掛かってしまったのであれば動かし過ぎて表層まで上がってることになりますね。

これに関しては感覚的なものなので、何度も練習して体に覚えさせてください。

 

後で紹介する森名人は、水圧で今どのタナを引いているか把握しているそうです。

例えば、

ボトム→抵抗が強い。

中層→少し軽い。

と言っても、これは海の状況にもよるので一概には該当しないかなと。

 

表層~中層で潮がガンガン効いてる時もありますからね。

同じ場所に通いつめて、その日の潮の状況など、感覚的に身に着けていくしか無いようです。笑

引き釣りのアクション仕方

これは僕のやり方ですので、参考までに。

●軽くシェイキングさせる(穂先を上下にチョンチョンさせること)

 

●何度か強めにシェイキングさせた後に、スーっとゆっくり上げていく

 

●スッ、スッと小刻みに60度くらいまでロッドを上げていく

 

●30度くらいロッドを立てた状態で、ただ巻き

 

●ロッドのエンド部をバシッと肘に当てて、ティップを瞬間的に弾く(タップエンドジャーク)

タップエンドジャークは、シェイキングの速い版みたいなイメージですね。

これは瞬発的な(急上昇する)動きを演出する事ができます。

ただし、棚ズレしやすいので多様しすぎないように。

 

上記で紹介したアクションを織り交ぜたり、自分で見つけていくのも楽しいですね。

 

全てのアクションに言えることは、必ず”食わせの間”を入れること。

アクションはあくまで気付かせる、見せるためのものです。

一番重要なのはフォール(待ち)と言っても過言ではありません。

 

 

そして、”ラインは常に張った状態”であること。

アクション時以外はラインスラッグは絶対に出さないようにしましょう。

 

ティップ(穂先)にテンヤの重みを感じながらフォールさせることが重要です。

もしラインスラッグ(糸ふけ)が出た状態だと、コツ!という繊細なアタリが手元に伝わりません。

 

ワインド釣法のように、向こう(タチウオ)合わせではないので、

アタリを感じてシッカリ掛けていくアクティブな釣法です。

 

さあ、掛けてやるぜ!来いや!というオラオラ系なんです。

 

基本的なロッド操作は、こちらの動画で確認してみてください。

ルアー釣りのフラップ釣法という名称ですが、アクションはエサの引き釣りと同じです

ベストな合わせ方は??

引き釣りのアタリは、

●小さなコツッというもの

ゴンと持って行くようなもの

●テンヤのテンションがフッっと抜けるもの

といったように様々なものがあります。

 

では、それぞれの合わせ方を紹介します。

1.小さなコツッっというアタリパターン

一度軽く合わせて重みがあれば、思いきり合わせます。

2段合わせというやつですね。

この小さなアタリは、テンヤを口先で突っ付いてるのでしょう。

 

2.ゴンと引ったくるパターン

重みが乗った瞬間に躊躇なく鬼フッキング!

しっかり針先を貫通させましょう。

 

3.ティップのテンションが抜けるパターン

テンヤの重みを感じながらフォールさせているときに、テンション抜けのアタリが出ることがあります。

これはタチウオが下から”すくい上げるように”食ってきた証拠です。

慌てず、軽く合わせてみて重みが乗っていれば鬼フッキングでOKです。

 

どのアタリパターンも鬼フッキングした後に、追いアワセを入れることで確実に針を貫通させることができ、寄せてくる途中でバラす(外れる)ことが少なくなります。

というか、バラしたことがありません

 

 

「コンコンッ」と小突くようなアタリがあると思いますが、ショートバイト時に大合わせしてもハリに掛からない事が多いです。僕の経験上、軽く聞きアワセして、重みを感じてからフッキングするのがベストですね。

タチウオも本物のエサだと中々離しません。笑

名手の動画をご紹介

武庫川一文字の名人で有名なのが、渡辺名人、森名人、中尾名人です。

 

まず、渡辺名人。

ちょいちょいボケを挟むのが面白いです。笑

 

続いて、森名人のアクション

掛けてから巻いてくるスピードがえぐい・・・。

 

森名人と中尾名人の引き釣り講習会の様子。

前編と後編があるので時間のあるときに見てみてください。

やっぱり、名人はロッド操作が繊細で美しいですね。

僕も講習会行ってみようかな(棒読み)

絶対に外せない重要ポイント

釣行時に、僕が必ず意識していること。

●風向きは、追い風になる場所を選択する

●常にタナを把握する(同じタナを引く)

●食わせの間を意識して取る

●ワンパターンアクションで攻めない

●違和感があれば合わせてみる

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

引き釣りをマスターすれば、ワインドでは反応しないタチウオを釣ることができます。

 

“掛けて釣る” 引き釣りは、ワインドとはまた違う面白さがありますよ。

 

 

そういえば以前、引き釣りで爆釣している最中にワインドに変更すると無反応だったことがありました。

ということは直線的な動きにしか反応しないタチウオがいることは間違いありません。

 

そもそも活性が落ちたタチウオは必要以上に追わなくなるので、

引き釣りでゆっくり直線的な動きで誘うか、浮き釣りマンの漂うエサでしか反応しなくなる訳ですね。

 

 

今までワインドオンリーだった人も、一度挑戦してみてください。

きっとハマって中毒者になると思いますよ。

スポンサーリンク