ヒロユキヒロユキ

どうも、ヒロユキ(@hiroyukisan240)です

今回は、墨族柔のインプレしますね。

実際に使ってみて、かなり優等生なエギだったので、読者の皆さまにオススメしたいなと思います。

 

概要としては、

■墨族柔ってどんなエギ?

■どんなメリットがある?

■オススメのシチュエーションについて

■個人的に思うこと

■まとめ

この流れで書いていきます。

 

記事の中盤あたりに、水中映像もあるので、良かったらそちらも参考にしてみてください。

 

墨族柔ってどんなエギ?

結論から言うと、初心者でも上級者でも楽にカンタンに扱えるエギです。

とにかく安定してるんですよね。

 

例えば、アクションからフォールまでの間(滞空時間)が長めなので、急激に頭が落ちず、繊細なラインコントロールしなくても、エギがオートマチックに仕事してくれる。

それでいて、フォール移行したときのブレが少なく、安定しながらフォールしていきます。

 

【基本スペック】

引用:墨族柔

メーカー:ハリミツ

ノーマル:3.5号 沈下速度(3.5~4秒/m)、重量19.5g

スローフォール:3.5号 沈下速度(5.5~6秒/m)、重量18g

 

墨族柔のメリットは?

・シャープな作りでシャクリ感が軽い。

シッカリ動きますが、背中のフラット面でしっかり潮を受けてくれます。また、アクションからのフォール移行までにブレが少なく、安定してフォールしていく。

 

・テンションを掛けても抜いても、姿勢変化が少ない。

「頭下がりになりづらい」ということは、アクション後のフラつきを抑えれるので、それだけイカに対して違和感なく食わすことができます。

 

反対に、扱いが難しいエギ(テンションを抜くと頭がストンと落ちる)の場合、コントロール性は高いんですが、ラインで上手く扱ってあげないといけない。特に風の強い日や、荒れ気味になるほど上手く使うのはムズいです。

 

・高く跳ね上がりやすい

シーズン問わず、イカに対して視覚的にアピールし、見つけてもらいやすい。特にボトムから中層まで一気にあげたい場合など。

 

大きなシモリがある所で高さを出して、しっかりアピールしたい時なんかも良いですね。

(高く跳ねる=フォールの間が取れる)

 

・移動距離を抑えたスラックジャークにも向いてる。

イカの活性が低いときや、居付きを狙う場合に有効です。

もしロングロッドを使ってる人なら、ショートよりも、はるかに高く跳ね上げれるかと。

 

・ドリフト(潮流の釣り)させたいときも、高く跳ねるので遠くまで流しやすい。

フォールが長く取れるため、より沖に流しやすいんですよね。

特に「シャローエリア+潮が早い」となると、より使いやすくなります。

 

・カンナが丈夫で伸びにくい。

デカイカが掛かっても、安心してやり取りできる。

 

このように前後でサイズが違います。

手前のカンナは伸縮しながらイカの身に入りつつ、後ろの太軸カンナでしっかりジェット噴射を受け止める。

 

ヒロユキヒロユキ

細部までのこだわり、ええやんかぁ~!

 

【水中映像】

こちら水中アクションの動画です。

釣りはイメージが大切なので、自分が使ってるエギがどんな動きをしているのか、しっかり確認したくて、いつも釣友さんと頑張って撮影してます(笑)

 

 

オススメのシチュエーションは?

例えば、こんな感じです。

・夏イカ、秋イカの活性が高い個体に対して、クイックにアピールしたいとき

・警戒心が高い春イカに対しても、安定フォールで口を使わせたい

・潮があまり動いてなくても、スラックジャークで手前に寄せたくない(又は居付きを狙う)

・潮流の釣り(ドリフト)で、高くあげつつ、沖に流してフレッシュな個体を釣りたい

 

くっ・・・エリート街道を走るエギじゃないか・・・・。

あんまりオススメしすぎたら、全国の店舗から在庫が無くなるかも知れない。

(すみません、ウソです)

 

【個人的に思うこと】

・姿勢変化が少ない分、自分でコントロールしたい人には物足りなさを感じるかも。

その場合は、エメラルダスラトル、Draw4などがオススメ。
(墨族剛は、まだしっかり使ってないので、あえて省いてます)

 

・跳ね上がりやすいので、レンジ(層)のズレすぎに気をつける。

特にスローフォールを使うときは、待つ意識をすることも大切です。

 

・よく動くエギなので、MHクラスのロッドを使ってる人は動かしすぎに注意です。

(もちろん、水深や潮の状況による)

 

・もう少しカラーラインナップがあれば嬉しい

現在、新色が追加され、全色で14種。

 

ですが、ヒロユキ的にはギンギラギンの金テープと、ケイムラクリア、全身夜光ボディが欲しい・・・。

 

ハリミツさん、ぜひお願いします!

 

【墨族柔 まとめ】

誰でもカンタンに扱える墨族 柔。

高く跳ね上がり、ダートも得意で、秋や夏の高活性シーズンにもオススメです。

 

もちろん、春イカシーズンでもラインスラックを使って、ゆったりアクションでアピールする事も可能なので、とても完成度の高い良いエギだと思いました。

 

エギングを初めて間もない方は、最初は色々なエギを使うと思いますが、無理して扱いが難しい餌木を使う必要はないと思います。

 

まずは、簡単に扱える餌木を使った上で、釣果を出しながらステップアップとしてコントロール性の高い餌木を使うと良いんじゃないかなと。

 

一人の女性をナンパできないのに、一気に2人以上突撃するようなものです(?)

 

Youtubuにも墨族柔の釣行動画アップしてます

🔽墨族柔を使って、ドリフトさせて釣る動画はコチラ

僕が通ってるエリアは、「シャローで潮流が早い」というのもあって、墨族柔の跳ね上がってからの流しやすさ、スローフォールと抜群にマッチしてます。

 

もちろんノーマルの沈下速度で潮に同調してイイ感じのときもあります。

シチュエーションによって使い分けるのがベスト。

 

気になる人は、ぜひ♪

僕のオススメカラーは・・・・いつもながら金テープです(笑)

 

(金×赤テープで濁りにも強くシルエット重視)

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!