はじめまして、hiroyukiです。

このページでは、僕の過去の話(超絶ヘタクソだった事)、どうすれば釣りが上手になるのか?

そして、このブログを通してあなたに伝えたい事を話していきます。

 

 

全く面白くなかった釣りの世界

目の前には、

どこまでも続く青い海と白い砂浜が広がっている。

ざばーん、ざばーん波のリズムが心地いい。

 

え、もう巻いてきていい?

まだや、もうちょい待っとけ」という親父の言葉が返ってきた。

 

僕が初めて釣りをしたのは、小学校の頃で親に連れて行ってもらったのがキッカケです。

親父はエサ釣り師なので、釣行前には必ず釣具屋へ足を運ぶ。

 

まだ辺りは薄暗い早朝4時ごろ。

「いらっしゃい! 今日はどこ行きますの?」 元気な店員のおっちゃん。

 

エサコーナー独特の匂い。

ふと親父の方を見ると、手にとったアオイソメがウヨウヨと動いていた。

 

そして、朝食のご飯を買いにコンビニへ寄る。

これは我が家のいつもパターンで、必ずカニパンを買う親父。

その理由は、いまだに聞いていない。笑

 

 

眠たい目をこすりながら、現場につくと、

「ええか? 投げる時は、竿の一番を下を持つんやぞ」

「自分の行きたいときに釣行したらアカン、魚に合わせるんや」

「昼間にのんびり行ってるやつはお遊びや」

割とガチめな親父から指導される。

 

そして遠投したら、ひたすら待つだけ・・・。

当時はそれが苦行で、「はぁ・・・釣りって退屈なんだよな」としか思っていなかった。

 

その後、中学の頃は兄と一緒にバス釣りに行ったりしました。

週末になると自転車に乗って近くの野池へ行き、兄から釣り方を教えてもらう。

彼は本当に楽しんでいて、結果も出していたなぁ。

 

けど、僕は面白くない。ほんと面白くなかった。

当然、楽しめないので上達もしなかったし、向上心もゼロ・・・。

 

当時は、”誘われたら行く” というスタンスだったので、

ただルアーを投げて巻いてくる簡単なお仕事です状態。

 

「どうすれば釣れるのか?」という事を考察していなかったし、

釣りの本質というか、深みというか、面白さなんて1mmも感じなかった。

 

高校生になると、すっかり釣りをやめてバイクを改造して走り回っていました。

この頃は、4miniといって50ccのバイクを改造するのが流行っていて、

バイトで稼いだお金はバイクの改造費へ消えていく・・・。

 

社会人になると、ずっとなりたかった自動車整備士になりました。

”メカニック”っていう響きがカッコよくて憧れていたんです。

 

若気の至りで、爆音のややこしい車を購入して夜の峠を走り回ったりしてました。

休日にはガレージで工具片手に愛車を整備したり。

 

ね? ややこしいでしょ?

 

で、自動車整備士として働いていた職場でエギングをしている人がいたんですよね。

その人と、お客さんの車を洗車しているときに、

 

イカってどうやって釣るんですか?

当時はイカが波止から釣れるなんて思ってなかったから、少し気になって聞いてみました。

 

そしたら「一緒に行くかい?」と、エギングに連れて行ってくれることに。

(道中、車のモニターからは、釣り人あるあるの「釣り番組」が流されていた)

 

現場に到着して、

「釣りをするなんて、何年ぶりなんだろう」なんて思いながら実釣してみると、

昔に感じていた「退屈」という感覚とは違ったんですね。

 

 

「なんや、この感じは・・・!」

 

 

自分でも言語化できないレベルで「面白い、楽しい」という感情が湧き出てきた。

 

ルアーを投げるだけで、ロッドをシャクってるだけで、楽しいなって感覚。
そのとき、イカは釣れなかったケド・・・

 

それからというもの、本屋やネットでイカ釣り関連の本を買い漁り、読みまくったり、
エギングに行くまくる日々が始まりました。

 

と言ってもですよ?

 

雑誌には、「潮が動き出すタイミングでアオリイカの活性は上がる」とか書いてるけど、

もはや潮が動いてるのかすら分からなかった・・・。

 

「というか、このシャクリ方でいいのか? ポイントはどこがいいんだ?」

本当に右も左も分からない、暗いトンネルを彷徨ってるような感じでした。

 

釣り場に行くと、周りのアングラーは「ヒュンヒュン!とカッコいい音を奏でながらシャクっていましたが、

僕はロッドを両手で握って、ブンッ!とシャクるような、ニワカっぷりを発揮していました。

 

しかも、キャストしたとき斜めに飛んでいったり、

キャストした瞬間に高切れしてエギだけぶっ飛んでいったり。

エギが漁船のプロペラに巻き込まれて、何十メートルもラインが無くなったり。

(思い出しただけでも恥ずかしいわ・・・)

 

youtubeやネットで色々調べても、専門用語がいっぱい出てくるし、内容は薄いし、

地域や釣り場のポイントよっても違うこともあるようで、正解なんてサッパリ分からない。

 

それでも、

インプット=お勉強
アウトプット=実釣

ただそれを繰り返していました。

「こうすれば釣れるんじゃないか?」という仮説を立て、ひたすら実釣で答え合わせをする。

 

その作業が本当に楽しくて、あっという間に時間が過ぎていきました。

ほら、子供がゲームを買ってきて、夢中になっちゃう感じです。

(horoyukiさんはポケモン青でしたよ!)

 

僕は、面白いと感じたものに関しては とことん極めたい” と思う人間なんですね。

釣りって自然相手でメチャクチャ奥が深いじゃないですか?

 

やればやるほど、その面白さ、一筋縄ではいかない難しさにハマっていきました。

新しい発見もいっぱいあるし、戦略を考えるのも楽しいんですよね。

 

「今日の風向きは北東だから、この釣り座にして、下げ7分で攻めるか。」

「昨日雨が降ったし、汽水域は厳しいだろうから、水深あるフィールド狙おうか。」

「この場所は、ワンド状になってるから、岬の先端で回遊待ちや!」とかね。

 

おい、何冊買う気や・・・

 

雑誌以外では、「シャクリマニアックス」というシャクリ方を解説してるDVDを買ったり、

他にもエギング関連のDVDどれくらい買っただろうか。

 

色んなシャクリ方を実践してみたり、

(二段シャクリ、スラックジャーク、バイオレンスジャーク、サウンドジャーク、タップエンドジャーク、etc)

 

とにかく惜しげもなく自己投資して、エギング界のプロから情報を取得しまくった。

少しでもプロの言っている世界(彼らの見えてる景色)に近づきたかった。

山田ヒロヒト、湯川マサタカ、吉崎俊、重見典宏、 杉原正浩 etc.

 

中でも特に影響を受けているのは山田ヒロヒト先生ですね。

点と線の釣り、バックドリフトなど独自の手法を考案。

結果を出し続けているカリスマエギンガー。

実際にお会いした事がありますが、半端ないオーラを醸し出しておりました。

彼の監修ロッドやエギなどは迷わず購入する洗脳された一人でございます。

 

釣り雑誌の表紙に掲載されてるデカイカを見ては、

「よし、絶対釣ってやるからな」と鼻息荒くして、

出勤前や帰宅してからも、釣りに出かける。

 

はっきり言って仕事中も釣りの事しか考えてなかった。

仕事の配達中に釣具屋に寄って、サボっていたのはここだけの話ですが、

いわゆるゾッコンってやつです。

ようこそ魔界へ

完全に僕のスイッチがカチッっと入った瞬間でした。
まずめモードに突入したわけです。

こんな「楽しい遊び」があっていいのだろうかと。

仕事が終わっては釣具屋にサッと駆け込み、そして釣り場に行くというライフスタイル。

 

そうです。
僕達の大好きな釣具屋=魔界

ダイソン掃除機のように、

 

「ズゴゴゴッ!シュイイイインッ!!」

 

と、吸い込まれて豪遊、散財するhiroyukiさん。

 

一度、踏み入れたら最後、、

ううう・・・仕掛けられまくってます。

もう完全に釣具メーカーに釣られちゃってます。

 

初めて買ったヨーズリのエギとバッタモンのエギ

 

迷走して色んな種類に手を出し始める・・・

 

1本1000円以上のエギも躊躇なく購入・・・!

 

・・・・辞めれない、止まらない!

半年経っても、イカは釣れませんでした・・・

 

れでも楽しかったんですよね。

今思うと、「なぜ釣れないのか?」って考えろよって話なんですが。笑

 

釣りに出掛けるのはもちろん、釣具屋に行って色んな道具を見てる時もワクワクしてました。

それだけで心が満たされてたって感じ。

 

ショーウィンドウに置いてある最高級リールのステラを眺めながら、

「このリール馬鹿高けぇ、かっこいい・・・」とか。

 

エギコーナーに行っては睨めっこタイムをしたり、

このカラーだとヒットするんじゃないか?

「やっぱり夜は夜光タイプのエギ・・・?」

イカが喜ぶラトル音やと?」

 

エギングロッドコーナーに行っては、

「もしかしたら、安いロッドだから釣れないんじゃないか?」

「おおー、エバーグリーンのロッドかっこいいな」

セフィアCI4+ってめっちゃ軽いな・・・!」

 

子供のように目をキラキラさせながら、釣具屋の店内をグルグル回って何時間も過ごす。

釣り人なら誰しもが通る道かなと思います。

 

で、

 

エギングを始めて、一年が経ったとき・・・

ついにハイエンドモデルのタックルに手を出し始めたhiroyukiさん。

(ステラC3000、スラックマスター86、バイオレンスジャーク72、76など)

 

そんな暴走が功を奏したのか、初めてイカが釣れました。

・・・・うん。
まあ、300gぐらいのコウイカさんだったわけですが。

 

でも、めちゃくちゃ嬉しくて「ふふふ」とニヤニヤしながら出勤したのを今でも鮮明に覚えています。

 

そして、その頃を境に一気にスキル向上したように思います。

 

ほら、成功曲線ってやつです。

 

オフシーズン以外は、平日も週末も釣りに行ってました。

 


真冬に釣れたアオリイカ

 


潮止まりのタイミングでコウイカ爆釣

 

(ホンダワラ全開の地磯に通いつめて春イカをゲット)

キロアップのアオリイカをゲットした帰り道は、一人カラオケでございます。

そこそこ釣れるようになったんだが

 

仮説を立て、どうすれば釣れるのか分かるようになってきて、一応は満足していました。

 

が、

 

「あれ? なんか楽しくないぞ・・・」

あれだけワクワクして楽しんでいたのに何でやと。

 

その原因は、

「自分だけ釣れればいいか」というクソみたいな自己中心的な考えにありました。

 

なぜそう思ったのかというと、

釣り仲間に「そういう時は、こうすればいいよ」とノウハウをシェアすると、

「おお、ありがとう!」と喜んでくれる姿を見て楽しんでいる自分がいたから。

 

僕が釣り方を教えていた人から「自分めっちゃ嬉しそうやん。笑」って言われたこともあります。

完全に無意識でやっている事なんですが、困ってる人に手を差し伸べたいというか・・・

(すまん、お節介なのかも知れん。笑)

 

そのときの自分が一番エネルギーが湧いてくる瞬間だって分かったんですね。

まあ、きっと教える事が好きなんでしょう。

※問題解決が大好きなhiroyukiさんなので、困難であればあるほど興奮しますで///

 

その方が自分だけで釣りまくるより、一層楽しめるというか、

フォーカスしていたものが「自分だけ→仲間に」へ切り替わった感じですね。

 

だから、このブログは昔の僕のように右も左も分からない人や、

忙しくて一緒に釣行できない友人に情報をシェアする為に制作したわけでございます。

 

遺産と言えば大げさかも知れませんが、形にして残しておこうと。

基礎知識を学習する分には、十分機能を果たすと思っています。

(本当は一緒に釣行するのが一番良いですけどね)

 

なぜ上手くならないのか??

 

あなたは、きっと「釣りたい」、「上手くなりたい」と思ってこのブログを見ているはず。

 

もし、なかなか上達しないとしたら、

単純に場数を踏んでない、インプットする情報が少ない(その道のプロになるには、一日9時間を3年間必要と言われています)

自分の周りに上手な人がいない環境にいる=良い影響(情報)をもらえていない

色んな事に手を出して分散してしまっている(他の魚種の釣り、漫画を見る、youtube見る、意味のない飲み会、だらだら不毛な時間を過ごす)

これだけです。
タックルだけの問題ではありません。笑

 

単純に”人は環境に左右される生き物”である事っていう認識をして欲しいです。

(不良グループに属してると自分もそうなるように、ネガティブな人といると自分もそうなるように)

 

ミラーニューロンって言葉知ってます?

これは、モノマネ細胞のことで自分の周り(環境)から無意識で行動を真似ることを言います。

つまり、上手な人が周りにいると自分も真似して上手くなっていく、ということ。

無意識レベルというのがキモです。

 

上手くない人間からは、それなりの事しか学べません。

これは何事おいても同じことが言えそうです。

 

ぜひ、あなたのメンター(師匠)を探してみてください。

「この人から学びたい!」って人ね。

 

あと、色んな事(マルチタスク)に手を出してエネルギーが分散してしまうと、

当然、結果が出るまで膨大な時間が掛かってしまいます。

 

1つの事だけを一点集中”していれば、絶対結果は出るし、スキルも向上していきます。

実際に、僕自身がそういう経験をしているから。

 

まともに結果が出るまで軸がブレブレの分散はいかんですよ。

ひとつに絞ってください、シングルタスクにしてみてください。

 

僕がエギングを始めた頃は、

周囲に上手い人はいなかったし、ネットで曖昧な情報を入手する事しかできなかった。

(上達するまでムダに時間が掛かってしまったと思う)

 

けど、今はこうやって頭の中をシェアして、良い情報を与えることができると自負しています。

是非このブログから「釣り方」や「考え方」をインストールしてみてください。

 

少し難しい用語や抽象概念が出てきて、なんのこっちゃなるかも知れません。

それでも、きっと釣り以外の趣味や仕事でも役に立つ時や、応用できる時が来ると思います。

 

hiroyukiが望んでいる未来

●自分一人では昔のように楽しめなくなった

●面白いと思うものは、極めたい職人気質な人間

といった事をお伝えしてきました。

 

つまり、このブログを通してお互いに情報共有できるような仲間が欲しいという事です。

共に楽しみながら、成長したいってことですね。

 

もちろん、魚種は問いません。

なんでもござれです。

むしろ、教えてください。笑

 

あと、

僕自身もっと上を目指したいという向上心もあります。

そう、トップエギンガーでございます。

(山田ヒロヒト先生レベルですね!)

 

そして、

「俺も春イカ釣れたで!」
「今日はタチウオ爆釣したよ!」っていう

そんな、あなたの声が聞ける日を楽しみにしています。

 

ではでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

メッセージ等あれば下記のお問い合わせからお願いします。