ショアワインダー 812TZアドバンス

 

ヒロユキヒロユキ

 

今回はタチウオシーズンに愛用しているワインドロッド、「ショアワインダー812TZアドバンス」のインプレをします。

ドジョウの引き釣りも812KMアドバンスを使用していますが、テンヤをクイックに操作できますし、手元重心設計で持ち重りがなく、ワインド&引き釣りでも快適に扱えるロッドとなっております。

(ワインド、引き釣り両方使いたい人に向けて書いていきます)

 

もはや他のワインドロッドとは次元が違うハイクオリティモデルで、

ハイエンドモデルのワインドロッド&引き釣りロッドの購入を考えている人や、812TZアドバンスが気になってる人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

812KM TZアドバンスの基本スペック

●全長=2.46m

●自重=160g

●対応ウエイト=11~21g

●適合ライン=0.6~1.2号

●本体価格=55,000

 

812KMは、Kガイド トルザイト仕様でロッドパワーは「M」設定です。

 

ショアワインダーシリーズの中でも、ハイエンドモデルとなるのがTZアドバンスシリーズ。

ラインナップは812KMと762KMの2種ですね。

(762KMについては後述します)

 

TZアドバンスは下位モデルのショアワインダーとは製法が異なり、「マスキュラーサイクロン製法」というカーボンテープを高精度・高密度で巻き、

✅ロッド全体が超マッチョ仕様(中型青物対応)

✅バツグンのしなやかさ(シッカリ曲がるけど、収束スピードがクソ早い)

✅自重160gとは思えない軽快さ(手元重心で、バランスが非常に良い)

という、一度使うと他のロッドに浮気しずらい仕様となっております。

 

使用感を例えるなら、東レさんのナノアロイに近いかな?

イメージとしては、エギングロッドのスーパーバイオレンスジャークに更にトルクを持たせた感じって言うんですかね。

(バイオレンスジャーク知らんって人は、すみませんw)

 

 

小さいアクションにもしっかりと、フレキシブルに曲がってくれます。

タチウオに対して、大きくワインドアクションさせない方が食ってくるパターンにも完全対応。

 

 

ワインドロッドとは思えない、しなやかさ。

ティップだけではなく、ベリー側も綺麗に曲がってくれます。

 

デザインもこだわって作られてる

さて、装飾面も見ていきましょう。

 

オンスタックルデザインとコラボ商品、ショアワインダーシリーズ。

OZの文字は、「現場で生まれたロッド」である証明ですね。

 

 

ショアワインダーシリーズの中でも、対応ルアーウエイトが3/8oz(11g)~3/4oz(21g)と幅広いのもアドバンスの特徴です。

ウエイト幅が広い=様々な重量のヘッドを使用することができるので、刻々と変化するタチウオのレンジ変化に対応することが可能です。

 

 

ガイドは、軽量チタンフレームのKガイド&トルザイトリング仕様です。

 

このロッドを初めて触った時に感じたのは、持ち重りの無さ、軽快さ。

それはマスキュラーサイクロン製法でロッド自体が軽量化しているのと、ガイドシステムの相乗効果なんだろうな、と感じました。

 

ちなみにKガイドは、細いラインでもガイド絡みを軽減し、トラブルを最小限に抑えてくれます。

ヒロユキヒロユキ

僕は基本的に0.8号を使用していますが、爆風の釣行でもライントラブルに見舞われたことはないですね。

 

 

注意点として、トルザイトリングはSiCリングに比べてラインの接地面積が増えるので、糸鳴りしやすくなります。

出典:Fuzi最高級トルザイトガイド

 

普段から4本撚りのPEラインを使っているなら・・・

めちゃくちゃ、うるさいですよ。

 

ワインドするのが恥ずかしいくらい、ヒュンヒュンと擦れる音がするので8本撚りPEを使用することをオススメします。

 

オススメはこのPEライン。

(8本撚りで糸鳴りが無く、なめらかにキャストでき、耐久性もある)

 

 

バッド側には、バッドパワーを最大限に生かすためガイドが2個付いています。

(大抵のロッドはバッド側に1つだけ)

 

 

ティップ先経は1.8mmとエギングロッド並の細さです。

トップガイド内経は、3.3mmと小口径になっているので、リーダーとの結束部を巻き込んでキャストしない方がいいですね。(結束部が傷んだり、キャスト時に引っかかってトラブルの元になる)

 

 

ワインドは、フロントグリップを握ってアクションさせるので、かなり長めに作られてます。

 

ヒロユキヒロユキ

グリップからは、溺愛っぷりが滲み出ております

 

 

リールシートは高級感のあるブラック塗装+ダブルナット仕様で緩み防止。

(特に、左利きの人には有り難い仕様ですね)

 

ヒロユキヒロユキ

僕は右利きです(どうでもいい)

 

 

グリップエンドはコルクグリップ仕様で、底部はゴム製です。

コルクにしている理由は「服に汚れが付きにくくする為」とのことです。

 

 

こちらは、ファイブゴアのスタッフ中村さんが812KM TZアドバンスの説明をしてくれています。

 

812KMアドバンス、使用感はどうよ?

実はショアワインダーを購入する前は、エギングロッドでワインドしていたんですが、手首がめちゃくちゃ疲れたんですよね。

 

こりゃいかん。

ということで、初めて購入したのが812KMアドバンス。

 

これがまた専用ロッドだけあって、かなり使いやすいワケです。

 

ワインド専用ロッドの特徴として、

✅フロントグリップ&エンドが長めに作られている。

✅長時間シャクっても疲れにくい仕様(手元重心の設計で、先重りしづらい)

✅バッド、ベリーは固め。ティップは少し入る竿調子(ファーストテーパー)

 

シャクる時はフロントグリップを握り、グリップエンドを脇の下で弾く=楽に反発でシャクるのに対して、エギングロッドはリールフットを中指と薬指の間で握ってシャクるので、モロに手首の負担が来ることになり相当疲れます。

 

しかし、ワインド専用ロッドさんのおかげで負担はかなり軽減されました。

「なぜもっと早く買わなかったんだ」と思いましたよ。

 

さらに、ハイエンドモデルとなれば満足度は非常に高いものになります。

 

下位モデルのショアワインダーも触ったことはありますが・・・

全体的に柔らかすぎますね、僕にとっては。

(この辺は好みもあるんでしょうけど)

 

つまり、同じショアワインダーでも全く別物のロッドだと考えて良いです。

812KMアドバンスは、非常に感度が良く、キャスト時のブレの無さ、軽快なシャクリ心地、ヒットから抜き上げまでパワー負けしないパワフルな仕様です。

 

指4本のデカタチがヒットしても、お構いなしにゴリ巻きして相手に主導権を与えないバットパワーで、足場が高い所でも安心して抜き上げれます。

 

 

ヒロユキヒロユキ

さすがに指4本クラスになると、かなり重量感ありますからね。

 

 

こちらは、オンスタックルの大将(小林勝治さん)が812TZアドバンスについて熱く語ってくれています。

 

812KM は「ワインド」で超絶使いやすい

ワインド用として設計されているだけあって、一定のピッチでアクションし続けるワインドでは非常に使いやすく、疲れにくいですね。

 

ロッド自重は160gなので、一見すると重いんじゃね?と思うかも知れません。

しかし、手元重心になるよう絶妙なバランスで設計されているので、めちゃくちゃ軽く感じます。

 

また、キャスト時のブレの無さ(収束の早さ)、シャクリの強弱をつけても しっかりと追従するブランク性能。

こういった専用ロッドを使うと、さらにワインドの奥深さを実感することになると思います。

 

スポンサーリンク

812KM を「フラップ釣法(引き釣り)」として使用する場合

現在フラップ釣法(引き釣り)専用ロッドとして「ショアフラッパー852KM」が発売されていますが、

812KMアドバンスでも引き釣りは可能です。

 

812KMは非常にシャープなロッドなので、動と静のメリハリをつけながらテンヤをアクションさせやすく、フッキング後もガッツリ寄せてくるバッドパワーも持ち合わせているので、指4本以上のデカタチが掛かっても余裕です。

 

個人的には、812KMアドバンスの竿調子は使いやすいんですが、僕の友人は普段から柔らかめのロッドを好んで使っていて、その友人曰く「812KMは、ちょっと硬いかなー」って言ってました。

 

ヒロユキヒロユキ

引き釣り用に設計されてる訳じゃないので、この辺は好みですね。

 

ショアワインダー812KMのメリット

メリットはたっぷりとお伝えしてきましたが、おさらいの意味も込めて書いていきますね。

 

✅バツグンに振り抜けが良く、シャクリの強弱にもフレキシブルに対応し、ダルさを感じない。

 

✅長時間使っても疲れづらく、手元重心でバランスが抜群に良い=持ち重り感がない

(たとえ1~2時間の釣行であっても、疲れにくい事は大きなアドバンテージになる)

 

✅感度がバツグンなので、潮流の変化を感じ取りやすく、タチウオが下からすくい上げてくるアタリ(テンション抜け)も明確にわかるくらいの繊細さを持っている。

 

✅中型青物対応の圧倒的なバットパワーでガンガン寄せてこれる

 

特に、812TZアドバンスのメリットとして感じるのは、圧倒的なバットパワーです。

指4本のタチウオもガンガン寄せて、主導権を与えずゴリゴリ巻いてこれるパワーがお気に入り。

 

ガッツリ寄せて余裕のぶっこ抜き・・・楽しすぎてやめらんない。

 

ヒロユキヒロユキ

しなやかな繊細ロッドかと思いきや、めちゃパワーがあるんですよね。

 

812KMのデメリット

さて、デメリットが全くないロッドは存在しない(たぶん)なので、しっかりと書いていきます。

 

✅ワインドでは3/4oz(21g)のジグヘッドや、引き釣りでは1/2oz(14g)以上のテンヤを使用すると、少しパワー不足だと感じる。

(ロッドが非常にしなやかなので、上記のような重量のヘッドを扱うとシャクるときに抵抗感が大きい)

 

✅パワーがある分、軽すぎるヘッドは扱いにくくなる

(ワインドでは1/4oz(7g)、引き釣りでは、5~8gなど)

 

✅フラップ釣法(引き釣り)では、もう少しティップが入ってくれた方が良い、かも?

 

 

まず、対応ウエイトのお話から。

812TZの対応ルアーウエイトは3/8(11g)~3/4(21g)となっていますが、これはあくまで目安です。

エギングロッドでも同じことが言えますが、対応ウエイトの中間が一番扱いやすいサイズなんですよね。

 

ワインドの場合、1/2oz(14g)がベストで、

フラップ(引き釣り)の場合は3/8oz(11g)~1/2oz(14g)まで一番扱いやすいサイズかなって感じですね。

 

これ以上重くなると、キビキビしたアクションが出しづらく上に、体に負担が掛かります。

 

特に引き釣りは、ベリー部からティップにテンヤの重みを感じながらアクションさせるので、重すぎても軽すぎても扱いづらくなります。

 

例えば812KMアドバンスの場合、1/2oz(14g)のフラップヘッドにガン玉2gを付けると、少しダルさが出てしまう。

持ち前のクイックさが損なわれるワケです。

 

812はガチガチ仕様ではなく、しなやかなロッドですからね。

 

かと言って、逆に8gとか5.5gとか軽すぎるテンヤだと、引き抵抗がなさ過ぎて(ロッドパワーの方が上回る)、海からの情報が少なくなり、かなり扱いにくいワケです。

 

なので、812KMアドバンスで一番性能を発揮でき、快適に(引き抵抗も含めて)に扱えるテンヤ重量の幅は、11g~14gかなと。

 

繰り返しますが、上記以外の重量は全く扱えないと言ってるのではなく、

あくまで「快適に扱えるベスト中のベスト」、という観点からです。

 

 

続いて、フラップ釣法(引き釣り)ではティップが少し入って欲しいと思った理由です。

 

引き釣りはワインドと違い、こちら側から”掛けていく釣り”なので、

タチウオが違和感を感じてテンヤを離してしまうとフッキングできません。

 

特に、ドジョウをエサにした場合、タチウオは噛み付いてしばらく離しません。

そのときに、軽く聞き合わせして重みを感じてから鬼フッキングするのですが、渋い状況だとちょっとでも違和感があると離してしまいます。

 

つまり、ロッドにハリがあるとタチウオがより違和感を感じやすい、というワケですね。

弾いてしまうと言えば大げさですが、イメージとしてはそんな感じ

 

 

おい、812アドバンスはしなやかって言ったじゃねーか。

しなやかだったら食い込みも良いんじゃないのか、このタコ野郎!

という声が聞こえてきそうです。

 

実は、しなやかでありながら、全体的にパワー(ハリ)もあるロッドなんですよね。

これは先述した通りです。

 

当然、ベリー部もしっかりしているので、ベリーからティップで操作する引き釣りでは、「もう少しベリー側も曲がってくれた方が良いのかな」と感じました。

 

ハリがあって収束が良すぎるが故に、引き釣りでは裏目に出てしまった感じですかね。

まあ、「ワインド用ロッドとして設計してるから無茶言うな」って言われそうですが。笑

 

 

今季シーズン(初秋~秋)はずっと812KMアドバンスでタチウオ爆釣していましたが、ちょっとでも渋い状況になるとフッキングまで至らない事がありました。

 

そのフッキングできない時っていうのは、食ってくるけどファイトまで持ち込めないショートバイト状態で、明らかに違和感を感じてすぐにエサを離してる感覚です。

 

あくまで憶測ですが、聞きアワセしている瞬間にタチウオが妙な重み(ティップ、ベリーでの違和感)を感じてエサを離してしまったのでは?と感じました。

 

その理由は、ショアフラッパー852KMを店頭で触ってみて、ベリーからティップが若干入るように設計されていたので、「もしかすると、引き釣りでは少しだけ入ってくれた方が良いのかも知れない」と思ったからです。

 

渋い状況では特に、ですね。

 

出典:Shore FLAPPER

 

と言っても、タチウオが高活性のときはエサを離さないので、812TZでもガンガン捕れますけど。笑

 

ヒロユキヒロユキ

812アドバンスは、適材適所が非常に分かりやすいロッドと言えます

 

812KM TZアドバンスは、どんな人にオススメ?

ぶっちゃけ、どんな人にでもオススメしたいくらい良いロッドですが、高価ゆえに躊躇してしまうと思います。

とりわけオススメしたい人は・・・

 

✅長時間ワインドしてると疲れてしまうから、軽量なロッドが欲しい。

✅軽快さ、感度、中型魚対応のパワーのあるワインドロッドが欲しい。

✅ワインドと引き釣り、両方を楽しみたい。

✅最高峰のワインドロッドがどんなものか、気になって夜も眠れない人。笑

 

812KMはパワーもさることながら、持ち重り感の無いベストなバランス(手元重心)に設計されているので、

長時間アクションし続けるワインドや引き釣りで、その威力を発揮します。

 

なんとスレッド巻き替えを無償でやってくれます

「新品購入日から一年以内に一回限り」、「送料はこちらが負担」と条件付きですが、無料でスレッド巻き替えサービスを行っているのはジャストエースさんだけじゃないですか。

 

ヒロユキヒロユキ

もう惚れてまうやん

 

ショートモデルの762KMもリリースされてます

実は、812KMを購入した後に、発売された762KM TZアドバンス。

何を隠そうショートロッドマニアのhiroyukiさんですから、ショートモデルが気にならない訳がありません。

 

 

実際に某魔界に立ち寄ったら、必ず竿袋から取り出して触っています。

「舐めますように眺めて、振り回して帰っていく」という変●行為を繰り返しているワケです。

 

762KMを店頭で触った感じは、

軽快さが半端ないのと、振り抜きの良さ、シャクリのブレの無さ、メリハリのつけやすさがエグい。

 

812KMと比べると、ほんの少し短くなっただけなんですが、全く別物のロッドと思わせるくらいシャープな振り抜き感です。

 

特に、足場が低いフィールドで釣行する際に活躍してくれるモデルとなりそうですね。

 

例えば、テトラ帯に行った時に干潮から上げのタイミングだと、下の方(先端)まで降りるじゃないですか?

そんな小場所でキャストするときって、振り抜けるバックスペースがあまり無いですから、特にショートモデルの恩恵は感じられるでしょうね。

 

もちろんキャスト面だけではなく、ショートレングス故に小さなアタリも即座にフッキングでき、その軽さから長時間の釣行における疲労感も軽減されると思います。

762KMの自重は140g、812KM=160gです

 

812KMも160gとは思えないくらい軽くて疲れにくいですが、762KMはその上を行くのは間違いない・・・。

これ以上書くと、自分が欲しくなってくるのでこの辺にしときます。笑

 

812KM TZアドバンス まとめ

さて、こんな感じのインプレで宜しいでしょうか?笑

他に気になることがあれば、コメント頂ければお答えします。

 

812KMは、ワインドや引き釣りを真剣にやっていきたいと思っている人には、間違い無しにオススメできるロッドですね。

 

ぜひゲットして、更に高みを目指してみてください。

タチウオ釣りがもっと面白くなりますから。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク