初めまして、運営者のhiroyukiです。

 

このブログは、初心者~中級者のアングラーに向けて制作しました。

実際、自然を相手にする釣り(遊び)って難しいですよね・・・?

何が何やらサッパリ分からない事が多くて、困惑してる人もいると思います。

 

例えば、

●釣りを始めたけど、専門用語とか多すぎぃ・・・

●狙ってる魚種が釣れない!

●どんな道具を使えばいい?

●ルアーのアクションって何がベストなんや?

といった悩みがあるのではないでしょうか?

 

そんな悩めるアングラーの疑問を解決できる環境を提供したい、と思ったんですね。

そういう思いが形となったのが、このブログです。

 

※初めに言っておきますが、ブログ内で言ってることを100%鵜呑みにしないでくださいね。

そもそも釣りに正解なんてないと思っていて、僕なりの考えを発信しています。

 

すみません、少し脱線しましたね。

 

 

僕自身、釣りを始めてちょうど3年ほどなんですが、

初心者の頃にありがちな、「どんな道具が必要なのか」とか「どんな場所で釣れるのか」といった疑問や気持ちが痛いくらい分かるんですよね。自分もそんな感じでしたから。

 

今の時代って、分からないことはネットで調べると思いますが、

巷にある釣りブログって内容の薄いモノが多くて問題解決しないじゃないか。

って思ったわけですよ。

 

こんな日記みたいな内容で勉強になるかい、と。

だから、ガッツリ学べるコンテンツを制作したい。

 

そんなお節介兼、正直者のhroyukiが、巷のチ●ピラをケチらしてやりたい。笑

 

だってそうでしょう?

貴重な時間を使って検索して、ペラペラのコンテンツだったら嫌じゃないですか。

 

オススメのロッド20選!!

とか言って、メーカーの説明文だけ記載してオススメされても困るでしょう。

 

具体的に、どういう理由でオススメなのか書けよと。

hiroyukiはそういうのを見ると、小一時間くらい問い詰めたくなる、説教したくなる。

本当にユーザーの立場になってコンテンツ作ってるのか、と。

 

このブログのインプレ記事とか見てもらったら分かると思いますが、割とガッツリ書いてます。

手前味噌ながら、ああいうのが本当にユーザーの事を考えたコンテンツだと思う訳です。

 

もちろん中には良質なコンテンツ制作してる人もいますし、有り難いことに交流もさせて頂いてます。

 

 

Googleさんは言います。

「ユーザーに有益な情報を」と。

 

Googleさんは良質なコンテンツを上位表示させたい、みんなにGoogle検索エンジンを使って欲しい。

Googleさんは機械から人間になろうとしています。

 

だから、ふざけたサイトはいずれ淘汰される。

 

===========================================

先述したように、僕は釣りを始めて約3年です。

まだまだ成長過程で、釣りの全てを網羅している訳ではありません。

わからない事もいっぱいあります

 

しかし、今まで蓄積してきた脳内データはシェアすることができます。

出し惜しみするつもりは1ミリもありません。

 

で、

 

大前提として、絶対やって欲しい事なんですが、

 

上手くなりたいなら体に覚えさせるってのを徹底してください。

何度も何度も繰り返してください。

 

勉強しては、釣り場に行って、

 

勉強しては、通って、通って、

 

家でゲームとかエロ動画見てる場合じゃないですよ。

そんな事をしてる暇があったら、釣り場に行く習慣を身につけてください。

 

実践、実践、実践。

なんだかんだ言って、それが上達への最短ルートだと思うんです。

 

いくら本とかで勉強したとしても、、、

実釣しない限りは、わかった気になってるだけで意味が無いんですね。

 

 

文字通り、全然意味ないですよ。

知的オ●ニーですって、それ。

 

例えば、このブログの記事を見て「おぉ、良いこと聞いたわ」で終わりはダメぜったい。

ホントそれだと成長しません。

 

いや、だってナイトの釣りとか感覚で覚えていくしかないじゃないですか。

なんにも見えないし、スポーツと同じで感覚的な要素が多くあります。
デイであっても、「潮が効いてる」とか「ロッドに伝わる違和感」とかマジで体で覚えていくしかない。

 

 

まぁーーーーーーーーー奥が深いですよね。

 

はい。

という訳で共に学び、切磋琢磨しながらフィッシングライフを楽しんでいけたらなと思っていますし、一緒に釣行できる日が来れば嬉しいです。

 

まだまだコンテンツが少なくて、本当にすみません。

満足してもらえるような記事を書いていくので、暖かく見守って頂ければ幸いです。

 

また、宜しければプロフィールもご覧頂けると嬉しいです。

運営者のhiroyukiってどんなやつ?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

hiroyuki